日本オペレーションズ・リサーチ学会

最適化手法とアルゴリズム
研究部会

Seminars on Optimization Methods and Algorithms


2021 年 3 月より, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 研究部会「最適化手法とアルゴリズム」 (SOMA) が開始しました。 研究部会の紹介はこちらをご覧ください。

第3回 研究会 開催案内

第3回研究会を以下の通り開催致します。みなさまのご参加をお待ちしております。

日時:2021年10月30日(土)14時〜18時
会場:Zoom によるオンライン開催
参加方法:以下のフォームから参加登録していただきますと、ZOOM接続先情報をメールにて自動返信いたします。
参加登録・ZOOM接続先情報取得はこちらから
 
講演 1

講演者:中山舜民 氏(中央大学)
講演題目:スパース最適化問題に対する近接勾配法と近接DCアルゴリズム
講演概要:
スパース最適化問題の一つとして平滑な関数と非平滑な関数の和として表現されるような関数の最適化問題がある.非平滑な関数が凸関数である問題に対する方 法として,最急降下法に基づいた近接勾配法と、(準)ニュートン法に基づいたニュートン型近接勾配法が挙げられる.また,非平滑な関数が凸関数と凸関数の差で表されるDifference of Convex (DC)関数である問題に対しては近接DCアルゴリズムを適用することができる.本講演では講演者らの研究成果を交えながら,これらの方法について述べる.

講演 2

講演者:岩政勇仁 氏(京都大学)
講演題目:2部マッチング問題の代数的拡張
講演概要:
最大2部マッチング問題や最大重み完全2部マッチング問題は,「多項式行列のランクを求める問題」や「多項式行列の行列式次数を求める問題」としてそれぞれ代数的に定式化できる.本講演では,上記の代数的定式化に端を発する二種類のランク計算問題(Edmonds 問題,非可換 Edmonds 問題)と行列式次数計算問題(重み付き Edmonds 問題,重み付き非可換 Edmonds 問題)について,講演者の研究成果も交えながら概説する.

以上、よろしくお願いいたします。

過去の研究会

第1回(2021/7/30)
第2回(2021/9/27)

メーリングリストの登録について

SOMAメーリングリストを設置しました。研究会の開催や関連する案内を「soma-orsj[at]googlegroups.com」より配信いたします。 登録を希望される場合は、以下のフォームからお申し込みください。
メーリングリスト登録フォームはこちら

退会方法:登録したメールアドレスから「soma-orsj+unsubscribe[at]googlegroups.com」に空メールをお送りください(ただし[at]は@に変換してください)。ただちに退会処理が完了し確認メールが返信されます。
リンク: 日本オペレーションズ・リサーチ学会  |  日本オペレーションズ・リサーチ学会 数理計画(RAMP)研究部会